Querier

「エンジニアがプロダクト開発に専念できる」未来をつくります

2022.04.28に公開 | 2022.04.28に更新

Querier運営

@querier_io@querierinc

「Querier(クエリア)」は社内向け管理画面を圧倒的な速さで、かつビジネスのスケールに合わせて柔軟に構築することができるローコードツールです。

管理画面の構築もWeb上で完結
エンジニアのためのローコードツール

Querierについて詳しく見る

エンジニアの価値を最大化するローコードツール「Querier」

株式会社Querierは、ローコード技術を用いて、管理画面や社内向けツールなど業務アプリの開発・運用コストを大幅に削減するサービス「Querier」をリリースしました(詳細な機能は後述します)。
「Querier」を開発した背景は、僕自身がエンジニアとして経験した、管理画面の開発は楽しくないにも関わらず、必ず発生する業務のために「エンジニアがプロダクト開発に専念できない」という原体験があります。
Querierを起業する以前、ITプロダクトの開発支援を行っていました。
その際に度々ぶつかった壁が「メインプロダクトの開発に集中できない」という課題。特に、社内向け管理ツールの開発に手こずりました。
社内向け管理ツールは、それが存在しないとビジネスそのもが進展しないケースが多々あります。つまり非常に重要なのですが、とにかく開発が面倒なのです。
僕が支援していた企業では、プロダクトに新機能が追加されるたびに、管理画面を再度開発する必要がありました。
しかし、管理画面のコードはどうしても煩雑になってしまいます。結果的にメンテナンスに問題が生じ、「誰もやりたくない」状態になっていました。
結果的に「間に合わせの管理ツール」になってしまい、リリース後にゼロから管理画面をつくり直しています。
1年以上突貫工事をしていると、気が付いた頃には、負債だらけのコードになってしまうのです。

その課題、ローコードで解決できるかも

エンジニアとしてITプロダクトの開発を支援してきた過程で、僕が最もペインを感じたのが、この「業務アプリの開発」でした。
プロジェクトに参加するたびに「またこの作業が発生するのか」「なんとかならないものか」と頭を悩ませていました。
しかし、繰り返し開発プロジェクトに参加しているうちに、とあることに気がつきます。
業務アプリは、どのようなサービスでもコンポーネントが非常に似通っているのです。
メインプロダクトをローコードで開発する勇気はないものの、毎回似たようなものをつくる業務アプリなら、ローコードで置き換えられるはず。
そして、もしそんなサービスがあれば、僕なら間違いなく利用する。
エンジニアがやるべきことに集中できる世界を目指して、僕は、ローコード技術を用いて、管理画面や社内向けツールの開発・運用コストを大幅に削減するサービス「Querier」を開発しました。
「Querier」を端的に説明すると、「エンジニアが圧倒的に楽になる」サービスです。エンジニアのリソースを、メインプロダクトの開発に全振りできるようになります
具体的にはUIをドラッグ&ドロップで簡単に構築することで様々な業務アプリを作成することができます。
例えば、社内で運用中のDBのAPIと連携し、コンポーネントとクエリを紐付けて管理画面を作成できます。
例えば、データの入力、編集、削除、読み込み(一覧表示させたり)、表示させた物に対してアクションを行うパネルを作成できます。
例えば、JavaScriptを使った簡単な関数を設定すれば、計算を自動化できます。
このように業務アプリをローコードで誰もが素早く作成、運用できます。
業務アプリを雑に開発する会社が少なくないので、どんどんリプレイスしていかなければいけませんが、「Querier」があればその必要がなくなります。

エンジニアと非エンジニアの溝が埋まります

たびたび「エンジニアと非エンジニアの溝」が話題に上がりますが、それも解決できると思っています。
仕方のないことですが、技術に理解のない非エンジニアには、極端に言えば「それくらい簡単にできるでしょ、エンジニアなんだから」といった考えを持っている人もいます。
また、理解があったとしても、「どれくらいの工数がかかるか」まで想像が及ばず、コミュニケーションに摩擦が発生してしまうこともあります。
ビジネスサイドの人間がエンジニアに話をするときに、「摩擦を避けるために、自分でいろいろ調べてから質問する」といったシーンも見てきました。これは非エンジニアがストレスを感じてしまうパターンです。
こうしてどんどん、エンジニアと非エンジニアの溝が深まっていく。すると結果的に、組織の成長が鈍化してしまう。
社内向け管理ツールは影の薄い存在かもしれませんが、組織と密接に関わっています。業務アプリの設計によって、日々のオペレーションが変わってくるからです。
優れた業務アプリの存在は、不要なストレスとコミュニケーションを削減し、効率的なオペレーションと生産性を生み出すのです。

「Querier」はエンジニアの生産性を高めます

僕は「ソフトウェアはもっと、抽象化されるべきだ」と考えています。
歴史を振り返ると、新しい言語やライブラリ、AWSなどのクラウド環境の出現によって、ソフトウェアは簡易化され、エンジニアの仕事が効率的になってきました。複雑性が隠蔽され、エンジニアの俗人性が薄れてきています。
しかし、まだまだ属人性が高い。
日本の技術力を高める方法は、エンジニアを育て母数を増やすか、ソフトウェアを簡易化し一人あたりの生産性を向上させるかのいずれかです。
僕らはソフトウェアを簡易化することで、エンジニアの生産性を高めます。
もう、業務アプリの作成及び、メインプロダクトの開発以外にリソースを注ぐには終わりにしましょう。
イノベーションを起こす仕事に集中し、自社の発展、そして日本の技術力を高めることに全ての時間を注ぎましょう。
僕たちは、「Querier」を通じて、「エンジニアがプロダクト開発に専念できる」という本来あるべき未来を先取りします。

おわりに

ここまで読んでいただきありがとうございました。
今回の記事で一人でも、Querierに興味を持っていただける方がいれば幸いです。


新規登録はこちら: https://app.querier.io/signup
お問い合わせはこちら:  https://www.querier.io/meeting
ドキュメントはこちら:  https://docs.querier.io/docs/getting-started/what-is-querier 

「Querier(クエリア)」は社内向け管理画面を圧倒的な速さで、かつビジネスのスケールに合わせて柔軟に構築することができるローコードツールです。

最新の記事

バリデーション機能が大幅に強化されました!

みなさんこんにちは、Querier開発チームです。今回のアップデートで各種インプット系コンポーネントのバリデーション機能が大幅に強化されましたので、こちらで解説させていただきます。

more

管理画面の構築もWeb上で完結
エンジニアのためのローコードツール

Querierについて詳しく見る