Querier

GoでCloud Storageにファイルをアップロードする方法

2022.08.31に公開 | 2022.09.01に更新

Querier運営

@querier_io@querierinc

「Querier(クエリア)」は社内向け管理画面を圧倒的な速さで、かつビジネスのスケールに合わせて柔軟に構築することができるローコードツールです。

管理画面の構築もWeb上で完結
エンジニアのためのローコードツール

Querierについて詳しく見る

みなさんこんにちは、Querier開発チームです。
今回はGoでCloud Storageにファイルをアップロードする方法を紹介します。

ライブラリのインストール

今回は cloud.google.com/go/storage を使用していきます。

$ go get -u cloud.google.com/go/storage
$ go get -u google.golang.org/api/option

コードを記述する

package main

import (
	"bytes"
	"context"
	"io"
	"log"
	"os"

	"cloud.google.com/go/storage"
	"google.golang.org/api/option"
)

// JSONキーを定義する
const credsJSON = ""

func main() {
	ctx := context.Background()
	client, err := storage.NewClient(ctx, option.WithCredentialsJSON([]byte(credsJSON)))
	if err != nil {
		log.Fatal(err)
	}
	defer client.Close()

	writer := client.
		Bucket("bucket-name").
		Object("obj-name").
		NewWriter(ctx)
	writer.ContentType = "image/jpeg"
	// 任意の権限を指定する
	writer.ACL = []storage.ACLRule{
		{
			Entity: storage.AllUsers,
			Role:   storage.RoleReader,
		},
	}
	defer writer.Close()

	b, err := os.ReadFile("./file.jpg")
	if err != nil {
		log.Fatal(err)
	}

	if _, err = io.Copy(writer, bytes.NewReader(b)); err != nil {
		log.Fatal(err)
	}
}

最後に

今回はGoでCloud Storageにファイルをアップロードする方法を解説しました。コードを書いて実現する方法もありますが、私達が開発しているクエリアでは、ローコードで簡単にファイルアップロードできる社内ツールを構築することができます。コマンドラインやAPIでなく、社内ツールとしてファイルアップロードできるツールを構築したい方はぜひ体験してみてください。

クエリアを試してみる: https://app.querier.io/signup

「Querier(クエリア)」は社内向け管理画面を圧倒的な速さで、かつビジネスのスケールに合わせて柔軟に構築することができるローコードツールです。

最新の記事

テキストコンポーネントがマークダウンに対応しました!

今回のアップデートで、テキストコンポーネントのマークダウン対応含む、複数の機能が追加・アップデートされましたので、お知らせさせていただきます。

more

管理画面の構築もWeb上で完結
エンジニアのためのローコードツール

Querierについて詳しく見る