Querier

社内向けの管理画面や業務アプリこそノーコード・ローコードに置き換わるべき理由

2022.08.22に公開 | 2022.08.22に更新

Querier運営

@querier_io@querierinc

「Querier(クエリア)」は社内向け管理画面を圧倒的な速さで、かつビジネスのスケールに合わせて柔軟に構築することができるローコードツールです。

管理画面の構築もWeb上で完結
エンジニアのためのローコードツール

Querierについて詳しく見る

こんにちは、Querier開発チームです。みなさんは管理画面をどのように作成しているでしょうか?バックエンドとフロントエンドともにフルスクラッチで開発していますか?RailsAdminのようなオールインワンのライブラリを使っていますか?
Querierは管理画面の開発に「ローコード」という新しいソリューションを作ることにチャレンジしています。今回は管理画面をノーコードで作成できる『Querier』がどのような課題を解決するのかを紹介したいと思います。

プロダクトチームにおける管理画面・社内ツールの重要性

はじめに、プロダクトチームにおいて管理画面がどれほど重要なのかを考えていきます。
まず、管理画面がないとどのようなことが起きるのかを見ていきましょう。

1. 細かい作業がエンジニアに依存してしまう

例えば、

  • アカウント認証・登録・監視
  • データの作成・更新・削除
  • お知らせ配信

のようなデータベースに依存するオペレーションで、エンジニアが直接APIを叩いていたりしませんか?
このような時に管理画面は非常に有用です。管理画面があれば毎回エンジニアに頼んでいた作業をBizサイドの人が自ら実行できるようになります。

2. 日々のオペレーションのスピードが落ちてしまう

上で説明したエンジニア依存のオペレーションに関連して、もう一つのデメリットとしてオペレーションのスピードが落ちてしまうことも挙げられます。
管理画面がないと、都度エンジニアに頼んだりする必要があるためとても非効率なものになってしまいます。

3. データ閲覧に学習コストが発生する

社内の非エンジニアがデータを閲覧したいというケースは多々あると思います。そんな時に管理パネルがないとデータを操作する方法を学習しなければいけません。
有名なBIツールとしてRedashやMetabaseがありますがどちらもSQLを学習しなければ使いこなせません。
組織が拡大すればするほど学習コストは大きな問題となってきます。
組織やビジネスのスケールを考えつつ、データ操作を社内で民主化するためには誰もが使える管理パネルが必須になってきます。

4. 権限管理が大変

データソースに直接アクセスしてデータ操作をするとした場合、権限管理が問題となってきます。
例えば、アプリケーションはAWSのMySQL、ユーザー認証はFirebase、課金はStripeとデータが散らばりそれぞれ誰にどのような権限が付与されているのかを管理するだけで多大な時間を要します。
権限管理が疎かになると、データの不整合やデータ漏洩などのリスクも高まってしまいます。

管理画面を開発するときの課題

1. メインのアプリケーション開発が遅れてしまう

管理画面を開発するということは、アプリケーションを1つスクラッチで開発するのとほぼ同じです。CSSフレームワークなどを使えばある程度効率的に開発はできますが、しっかり使えるものを作るとなるとエンジニア数名のリソースを管理画面に割くことになるでしょう。

2. Bizサイドの要求にエンジニアサイドが追いつかない

エンジニアはただでさえメインの業務に追われています。その中で管理画面の追加用件やバグ対応などが発生するとメインのアプリケーションのリリースサイクルに影響を及ぼします。
多くの企業ではこのような事情から管理画面のアップデートは後回しにされがちで、Bizサイドの要求に追いついていくことができなくなります。

3. ライブラリのアップデートや保守・運用まで手が回らない

2ではエンジニアはメインの業務に追われているという話をしましたが、それに関連して管理画面のライブラリのアップデート等の保守・運用まで手が回らないというのも課題の1つです。
管理画面で使用しているライブラリの重要なセキュリティアップデート等に対応していかないとデータ漏洩等のリスクが上がるので、そこにもコストがかかってきます。

管理画面に『Querier』を使うと便利になるケース

1. エンジニアリソースが足りない

エンジニアリソースが足りず、管理画面開発ができていない場合は『Querier』を活用することで上で述べたような課題を解決することができます。
フルスクラッチで開発する数十倍近いスピードで管理画面を構築でき、保守・運用に気を遣う必要もありません。

2. 既存管理画面の技術負債で開発スピードが出ない

すでに管理画面を構築しているが、運用・保守まで手が回っていなく、技術負債によって開発スピードが出ない場合も『Querier』をおすすめします。
既存のAPIを再利用して構築できるので、既存の管理画面から徐々に移行していくことができます。

最後に

『Querier』はプロダクトチームの非効率を解決し、ビジネスの加速をアシストすることを目指しています。ぜひ一度クエリアでの管理画面の開発を体験してみてください!

クエリアを試してみる: https://app.querier.io/signup

「Querier(クエリア)」は社内向け管理画面を圧倒的な速さで、かつビジネスのスケールに合わせて柔軟に構築することができるローコードツールです。

最新の記事

バリデーション機能が大幅に強化されました!

みなさんこんにちは、Querier開発チームです。今回のアップデートで各種インプット系コンポーネントのバリデーション機能が大幅に強化されましたので、こちらで解説させていただきます。

more

管理画面の構築もWeb上で完結
エンジニアのためのローコードツール

Querierについて詳しく見る